メインビジュアルお知らせ

大阪市住吉区 御堂筋線「あびこ駅」近く 歯科 歯医者 小児歯科 あびこ大人こども歯科クリニック公式ページ

〒558-0011 大阪府大阪市住吉区苅田7-6-28 ユニオンハイツ1F

お問い合わせ06-6484-6480

MENU

news

お知らせの記事

知覚過敏とは??

お知らせ


知覚過敏とは

虫歯ではないのに、冷たいものを食べた時にしみたり歯ブラシを当てた時に痛む症状を知覚過敏といいます。

 

 

知覚過敏の原因

1歯ブラシのときの力のかけすぎ

歯ブラシの際に歯磨剤をたくさん使いすぎたり(できるだけ低研磨で大人の方だったら1センチくらい)ごしごし力をいれて歯ブラシを動かすと歯肉退縮をおこしてしみることがあります。

 

2歯周病の進行

歯周病などの歯周疾患が原因で知覚過敏が起こっている場合、歯周疾患を治療しないと知覚過敏もなおらないです。歯周病により歯肉がさがり象牙質が露出し歯がしみる症状が出やすくなります。

 

3くいしばり

歯ぎしりなどの歯の接触により起こります。歯ぎしりを防止するためにナイトガード(マウスピース)をつかってもらい、使用することにより歯の接触時間を減らし歯を守る効果があります。

 

知覚過敏の治療

①知覚過敏を抑制する薬を塗布する

露出した象牙質を薬を塗布することにより、刺激を遮断し症状を抑制する効果があります。何度か塗布することにより効果がでます。一回だけでは効果がでないことがあります。

②歯周病の治療をする

歯肉が下がることにより、象牙質が露出すると歯がしみやすくなります。歯周病の原因となるプラークや歯石を除去することにより歯周病治療と並行して知覚過敏治療も行います。しみるからといって歯石を取らないままにしておくと歯周病が進行すると共に知覚過敏が進行していきます。

 

 

③ナイトガード(マウスピース)を使用する

歯ぎしりにより歯に微細なクラック(ひび)がはいってしみるようになることがあります。そのためナイトガードを使い歯を守っていきます。意識しても就寝中はくいしばりを防げないので物理的に当たらないようにするナイトガードをつかうことにより、歯の接触時間を減らして歯を守ります。接触時間がへることによりしみるのを改善する効果があります。

歯がしみてつらい、歯ブラシのときに歯がチクチク痛むなどの症状がございましたら当医院でご相談ください。

 

TOP
WEB予約
WEB予約