メインビジュアルお知らせ

大阪市住吉区 御堂筋線「あびこ駅」近く 歯科 歯医者 小児歯科 あびこ大人こども歯科クリニック公式ページ

〒558-0011 大阪府大阪市住吉区苅田7-6-28 ユニオンハイツ1F

お問い合わせ06-6484-6480

MENU

news

お知らせの記事

フッ素について⭐️

お知らせ

フッ素とは

フッ素は私たちの身近な自然界にある元素のひとつで、お茶や魚介類など多くの食品に含まれています。フッ素はむし歯予防に欠かせないだけでなく、丈夫な歯や骨をつくるために大切な役割を果たしています。

フッ素を利用することでむし歯の発生を防ぐことができます。フッ素が入った歯磨剤はブラッシングの補助剤ではなく積極的な予防剤です。フッ素配合の歯磨剤を使用しない歯ブラシだけのから磨きは虫歯の予防効果はほとんど認められていません。乳歯の萌出直後から使うことをお勧めします。

フッ素の種類

①フッ化ナトリウム

素早く歯の表面に反応して歯の表層を硬くする効果があるが深層へは浸透しにくい。歯のカルシウムと結合し、フッ化物イオンを放出します。

②モノフルオロリン酸ナトリウム

歯の深層は浸透しやすいが歯の表層を硬くする効果はありません。

③フッ化第一スズ

抗菌作用と歯垢がつきにくい作用があります。

 

むし歯予防の3つの作用

♣再石灰化の促進

歯から溶け出したカルシウムやリンの再沈着を促進します。

♣歯質強化

歯の質を強くして、酸に溶けにくい歯にします。

♣細菌の酸産生抑制

歯ブラシで落としきれなかったプラーク(歯垢)中に潜んでいるむし歯原因菌の働きを弱め、酸が作られるのを抑えます。

 

 

歯科医院と自宅で行うフッ素

 

1、歯科医院で行うフッ素塗布

高濃度のフッ素(フッ化ナトリウム)を、歯に直接塗布します。塗布直後はうがいを避けましょう。また、塗布後30分ほどは、飲食を控えてください。
その後高濃度のフッ素を3か月に1度程度、継続的にフッ素塗布を行うことで効果が途切れません。

2、自宅で行うフッ素塗布

フッ素配合歯磨き剤

当歯科医院で購入できます。食後はもちろんですが、就寝する直前に使用するのも有効です。就寝中は唾液量が少なくなるため、フッ素が長く口腔内に留まり、効果を発揮します。

フッ素ジェル

 

食後や就寝の直前に使用します。単体で使用しても、フッ素入り歯磨き剤の後に使用しても構いません。使用後はうがいをせず、唾と一緒に吐き出す程度に留めてください。
フッ素配合歯磨き剤と同様の理由で、就寝前に使用することで、フッ素が長く口腔内に留まります。

フッ素洗口液

歯磨きの後などに使用します。
フッ素配合歯磨き剤、フッ素ジェルと同様に、就寝前の使用が特に効果的です。

虫歯のない健康な歯にするためにはフッ素はかかせないものです。

当医院でもクリーニングのあとは皆様にフッ素を塗らせていただいてます、歯質強化のためにかかせないものです。パウダーメンテナンスのあとには歯の表面の皮膜も全部とれている状態なのでなにも歯についていない状態でフッ素を塗布すると普通の状態よりフッ素を歯に取り入れやすくなります。効果が更にアップしますので当医院ではパウダーメンテナンスのあとのは高濃度のフッ素は三ヶ月に一回、月に一回は毎日塗ってもよいフッ素を塗布しています。歯質を強くして虫歯になりにくい歯を目指しましょう!!

TOP
WEB予約
WEB予約